正月、節分、ひな祭り、端午の節句、七夕、お月見、七五三など、日本の年中行事に欠かせないお飾りの由来と商品をご紹介します
おかざり庵

年中行事の由来とお飾り

■1月[睦月:むつき]
■2月[如月:きさらぎ]
■3月[弥生:やよい]
■4月[卯月:うづき]
■5月[皐月:さつき]
■6月[水無月:みなづき]
■7月(文月:ふみつき]
■8月[葉月:はづき]
■9月[長月:ながつき]
■10月[神無月:かんなづき]
■11月[霜月:しもつき]
■12月[師走:しわす]

お盆

〜おかえりなさい、そして、ありがとう〜
お盆

お盆とは

お盆は先祖の霊を迎えてまつり、そして送り出す行事です。「盆暮」という言葉もあるようにお正月に並んで代表的な年中行事の一つですよね。
時期は7月13日から16日までの4日間
「あれっ?8月ではないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんよね。実は私もお盆は8月だとずっと思っていたのですが、8月15日は旧暦のお盆、旧盆にあたるのだそうです。これはお盆の帰省をするにも子どもたちの夏休みに合わせる方が都合がよく、次第に旧盆の日程でお盆休みを取るようになる習慣が定着したからで、会社のお盆休みや町の盆踊り大会など8月15日前後に行うところが多いのもそのためのようです。

お盆の由来

お盆の言葉は仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略です。
他にも純粋な仏教の儀式だけではなく、日本固有の祖先をお祭りする風習も混ざっていると考える説もあります。

盂蘭盆会

盂蘭盆とは、サンスクリット語(梵語)の"Ullanbana(ウランボン)"の音訳で、「地獄に落ちて逆さ吊りにされ苦しんでいる」という意味だそうです。
そして、この苦しみから死者を救うために供養するのが盂蘭盆会という行事。
「盂蘭盆経」というお経に盂蘭盆会の起源が次のように書かれています。

[画像]お釈迦様に相談する目連 『釈迦の弟子である目連(もくれん)の母は死後餓鬼道に落ちて苦しんでいました。
それを知った目連は何とかして救いたいと釈迦に相談したところ、「7月15日に過去7代まで遡った先祖のためにご馳走を作り、僧侶たちに与えて供養するように」と教えられました。そこで、早速教えのとおりにすると、目連の母を餓鬼道から救い出して成仏させることができました』

この供養が盂蘭盆会のはじまりとなったそうで、日本では606年、推古天皇が盂蘭盆会を行ったのが最初とされています。

日本の信仰

お盆は盂蘭盆会の略であるという説のほかにも、日本語でお供え物を載せる器のことを「ボニ」と呼んでいたことから、祖先を祭るときに使う器の「ボニ」が「ボン」「盆」になったとする説もあるそうです。

お盆踊りに行ってみよう!

盆踊りは本当にたくさんの地域で開催されているので、ここでは盆踊り開催日程をまとめて紹介しているWebサイトをご紹介します。
お気づきの点、率直な感想やこんな情報が欲しいというご要望などございましたら、ぜひお気軽にメールをください。時間がかかるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます!管理人メールアドレス:okazari_an@yahoo.co.jp
Copyright(c) 2006 Okazarian. All rights reserved.
inserted by FC2 system