正月、節分、ひな祭り、端午の節句、七夕、お月見、七五三など、日本の年中行事に欠かせないお飾りの由来と商品をご紹介します
おかざり庵

年中行事の由来とお飾り

■1月[睦月:むつき]
■2月[如月:きさらぎ]
■3月[弥生:やよい]
■4月[卯月:うづき]
■5月[皐月:さつき]
■6月[水無月:みなづき]
■7月(文月:ふみつき]
■8月[葉月:はづき]
■9月[長月:ながつき]
■10月[神無月:かんなづき]
■11月[霜月:しもつき]
■12月[師走:しわす]

端午の節句

〜力強く勇ましい男子として成長してほしい〜

端午の節句の食べ物

粽(ちまき)

粽(ちまき)は中国戦国時代の詩人屈原の命日(5月5日)に竹の筒に米を入れたものを作って供養したのが起源です。粽(ちまき)はもち米などの粉を水で練って菖蒲や笹、葦などの葉で包んで蒸したものですが、昔「茅(ちがや)」の葉でも巻いていたことから「茅巻(ちまき)」と呼ばれました。

粽(ちまき)の形は鉄砲にも似ており、そこから武士魂を表すものとも言われてるんだそうですよ。

粽(ちまき)は手軽に食べることができるし、たくさん用意すれば豪華な雰囲気も出せて端午の節句のおもてなし料理としてお勧めではないでしょうか?

◇お勧めちまき

大粒 ちまき もちもち ちまき 豚ちまき

柏餅

柏の木は新しい芽が出ないと古い葉が落ちないので「家系が絶えない」という縁起をかついで、餅を柏の葉で包んで食べます。

作られたのは江戸時代中期からで、幕府の五月の節句行事の際の贈答品として柏餅が使われていたのが民間に広がっていったようそうです。

歴史としては比較的浅かったんですね〜。

◇お勧め柏餅

柏餅(あんこ3種) 柏餅(こしあん) 柏の葉
お気づきの点、率直な感想やこんな情報が欲しいというご要望などございましたら、ぜひお気軽にメールをください。時間がかかるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます!管理人メールアドレス:okazari_an@yahoo.co.jp
Copyright(c) 2006 Okazarian. All rights reserved.
inserted by FC2 system