正月、節分、ひな祭り、端午の節句、七夕、お月見、七五三など、日本の年中行事に欠かせないお飾りの由来と商品をご紹介します
おかざり庵

年中行事の由来とお飾り

■1月[睦月:むつき]
■2月[如月:きさらぎ]
■3月[弥生:やよい]
■4月[卯月:うづき]
■5月[皐月:さつき]
■6月[水無月:みなづき]
■7月(文月:ふみつき]
■8月[葉月:はづき]
■9月[長月:ながつき]
■10月[神無月:かんなづき]
■11月[霜月:しもつき]
■12月[師走:しわす]

端午の節句

〜力強く勇ましい男子として成長してほしい〜

端午とは

端午(たんご)の「端」は「はじめ」の意味で、端午は「はじめの午の日」のことです。古代中国では5月は"悪月"とされ、中でも、5が重なる5月5日を"悪日"として考えられて、漢代以降に5月5日を端午の日とし、この日に災厄を祓う(はらう)ための行事を行うようになりました。

端午の節句の由来

端午の節句は、雛祭りと同じく中国から伝わって日本で作り変えられてきた行事の一つです。

古代中国では、端午の日に蓬(よもぎ)で人形(ひとがた)を作って門にかけたり、菖蒲(しょうぶ)を浸した酒を飲んだり、菖蒲で作った舟で競争したり、薬草摘みを行うなどして穢れ(けがれ)を祓い、災厄から逃れるための行事が行われていました。

一方、日本では、5月は田植えをする季節。

5月5日は田の神を迎えて豊穣を祈るために未婚の娘たちが巫女となり、菖蒲の葉や蓬で葺いた"女の家"という小屋にこもり、身を清めるという風習がありました。日本の5月5日は神を迎えてお祓いをする日であり、女の休養日でもあったのです。

菖蒲打その後、鎌倉時代に武家が台頭してくると、「菖蒲」は「尚武(武を尚とぶ(たっとぶ))」に通じることから、この日に流鏑馬(やぶさめ)などが行われ、印地打(石合戦)や菖蒲打など男子中心の勇ましい行事が行われるようになり、男の節句となっていきました。

他の説として、既に女の節句は3月3日にあったので、5月5日が男の節句になったとも言われています。

時代が過ぎ、室町時代になると兜人形が作られるようになり、江戸時代に入ると男子の健康と出世を祈る鯉のぼりが立てられるようになりました。

なお、5月5日は端午の節句であるとともに、国民の祝日「こどもの日」でもあります。5月5日がこどもの日と定められたのは比較的歴史が浅く、1948年(昭和23年)7月20日のことです。国民の祝日に関する法律によって「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるととともに、母に感謝する日」と定められています。現在では「母に感謝する日」は「母の日」ですが、法律的には5月5日だったんですね!

端午の節句のイベントに行ってみよう!

流鏑馬神事 5月5日はG.W.も重なってこどもの日に関連したイベントがたくさん行われていますが、ここでは、こどもの日ではなく端午の節句にちなんだイベントをご紹介したいと思います。
  • 流鏑馬神事
  • 【日時】5月1日 13時〜 【場所】茨城・鹿島神宮
  • 流鏑馬神事
  • 【日時】5月3日 13時〜【場所】京都・下鴨神社
※他にもイベントをご存知の方がいらっしゃいましたらぜひご一報くださいませ!

端午の節句に関する書籍

端午の節句にまつわる書籍をご紹介します。

すぐわかる日本の甲冑・武具

お気づきの点、率直な感想やこんな情報が欲しいというご要望などございましたら、ぜひお気軽にメールをください。時間がかかるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます!管理人メールアドレス:okazari_an@yahoo.co.jp
Copyright(c) 2006 Okazarian. All rights reserved.
inserted by FC2 system