正月、節分、ひな祭り、端午の節句、七夕、お月見、七五三など、日本の年中行事に欠かせないお飾りの由来と商品をご紹介します
おかざり庵

年中行事の由来とお飾り

■1月[睦月:むつき]
■2月[如月:きさらぎ]
■3月[弥生:やよい]
■4月[卯月:うづき]
■5月[皐月:さつき]
■6月[水無月:みなづき]
■7月(文月:ふみつき]
■8月[葉月:はづき]
■9月[長月:ながつき]
■10月[神無月:かんなづき]
■11月[霜月:しもつき]
■12月[師走:しわす]

母の日

〜お母さん、いつもいつも本当にありがとう〜

母の日の由来

発祥はアメリカ

母の日の由来には諸説あり、古代ローマの神々の母リーアを讃えた説や17世紀イギリスでの里帰りの風習がありますが、ここでは一番有名なアメリカのアンナ・ジャービスのお話をご紹介します。

フィラデルフィアに住んでいた日曜学校の教師ミス・ジャービスは教会でモーセの十戒を解説するときに「母の恩に深いことを人に悟らせる方法を考えなさい」と教えていました。

そのミス・ジャービスが亡くなり、追悼式が行われる際、娘のアンナ・ジャービスは集まった人々に母が好きだった白いカーネーションを配り、母の教えをみんなに伝えようとしたそうです。1905年のことです。

[画像]母の日発祥の地
母の日発祥の地
[画像]アンナ・ジャービス
アンナ・ジャービス

この話を伝え聞いたデパート経営者のジョン・ワナメーカーは、1908年5月の第2日曜日に母を讃える記念会を行い、アンナの話を人々に伝えました。

これがアメリカ中に反響を呼び、1914年、議会の決議を経て当時のウィルソン大統領によって国民の祝日として5月第2日曜日を「母の日」として制定されました。

日本へ伝わる

[画像]ありがとうお母さん日本へは明治末くらいに母の日が伝わってきたそうです。

大正4年(1915年)には教会で母の日のイベントが行われました。

昭和12年(1937年)に森永製菓が「森永母を讃える会」を作り、日本全国に普及活動を行うことにより全国的に広まりました。昭和初期から戦後にかけては当時の皇后の誕生日3月6日がは母の日とされていましたが、昭和24年(1949年)頃に5月第2日曜日を母の日とすることが定着したようです。

また、一般にはあまり知られていないと思いますが、日本の国民の祝日に関する法律では5月5日のこどもの日に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるととともに、母に感謝する日」と定めています。どうしてこどもの日から「母に感謝」する部分が抜けてしまったのかはわかりませんが、既にこの法律が制定されたとき、世間では5月第2日曜日が母の日という認識が多くなってきたからでしょうかね?

東急百貨店−母の日特集

東急百貨店−母の日特集

楽天市場−母の日特集

楽天市場−母の日特集

大丸−母の日特集

大丸−母の日特集
お気づきの点、率直な感想やこんな情報が欲しいというご要望などございましたら、ぜひお気軽にメールをください。時間がかかるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます!管理人メールアドレス:okazari_an@yahoo.co.jp
Copyright(c) 2006 Okazarian. All rights reserved.
inserted by FC2 system